FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食は軟水で

天然水でも特に軟水(硬度が低くピュアウォーターに近い)は料理の味が引き立つ、旨味を引き立ててくれるといわれています。
具体的にどういった料理で軟水・天然水の強みが発揮されるのでしょうか?

美味しいご飯は軟水で炊飯!


ご飯を炊く時だけでなく、じつはお米が一番水を吸収するのはお米を研ぐ時。このときに60%も吸収します。
炊飯の前に、お米を約い時間ほど、水に浸したままにしておきます。
お米のうまみが軟水によって際立ちます!


和食は軟水


和食でよく出てくる碗物(汁もの)こそ、食材本来の味が自然とシミ出てくることが大切です。
そういった旨味を引き出す役目は軟水にピッタリです。
おでんや炊き込みごはん、茶碗蒸しなど繊細な料理にも軟水がおすすめです。

歯ごたえを残したいときには硬水


シチューなどの長時間煮込むものは硬水が望ましいようです。軟水だと煮込んだ時に臭みが出やすくなってしまいます。
また、歯ごたえをしっかりとアピールしたい料理は硬水の方がよいようです。
肉じゃがは軟水い使うか硬水を使うか、、好みですね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。